インターネットバンキングに係る不正送金の国際的な被害防止対策

警察庁では、インターネットバンキングに係る不正送金事犯について各種対策を行っていますが、この度、新たにコンピュータウイルスに感染している端末に関する情報を入手しましたので、これを基に関係機関の協力を得て、インターネットバンキングの利用者等に対して注意喚起を行っています。

  • ウイルス対策ソフトの導入

  • ウイルス対策ソフトを最新の状態に更新

  • ウイルススキャンの実施

 また、再度コンピュータウイルスに感染しないようにするため、次の対策も併せて行ってください。

  • Windowsなどの基本ソフト(OS)なども最新の状態に更新

 インターネットバンキングに係る不正送金の被害防止につながるものですので、対応をお願いします。


詳細は以下URLをご参照ください。

【 警察庁サイバー犯罪対策プロジェクト 】

https://www.npa.go.jp/cyber/avalanche/index.html

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

兵庫県尼崎市は23日、全市民約46万人分の個人情報が入ったUSBメモリーを委託業者が紛失したと発表した。名前や住所、生年月日、住民税額や、児童手当と生活保護の受給世帯の口座情報などが含まれるという。情報流出はいまのところ確認されていない。 市によると、USBメモリーを紛失したのは、住民税非課税世帯などへの臨時特別給付金の業務を委託していた「BIPROGY」関西支社(大阪市)の協力会社の社員。 この

2021/7/7 琉球銀行より「当社ホームページを騙る不正なサイトについて注意喚起」のアナウンスがなされました。 詳細は以下URLを参照ください。 https://www.ryugin.co.jp/suspicious/210707-fakesite/ 内容は、検索サイトにて、琉球銀行に関連したキーワード(例:「琉球銀行 ログイン」、「りゅうぎん インターネットバンキング」など)で検索すると、検索

被害額5000万円以上 ネット口座に不正アクセスで引き出した疑い、組員ら3人逮捕 今朝の琉球新報新聞記事から・・・ ネット口座から不正送金被害(5千万円以上がだまし取られたとの) スミッシングと呼ばれる手法を使って、銀行を装い偽メールで実在する正規のサイトにそっくりな偽のサイト(フィッシングサイト)に誘導しIDパスワードを入手し不正に口座にアクセスし送金していたらしい。 日本におけるネットバンキン