ネットバンキング被害4倍に 「ワンタイムパス」破る

インターネットバンキングの口座から預金を不正送金する2019年の被害が前年比4.4倍の20億3200万円(暫定値)に急増したことが6日、警察庁のまとめで分かった。「ワンタイムパスワード」を破る手口が横行し、被害額は4年ぶりに増加した。金融機関は不正送金を防ぐため、顔や指紋で本人確認する生体認証の普及を急いでいる。


詳細は、下記を参照ください。 日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55313840W0A200C2MM0000/


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「異常ログインの可能性あり」銀行を装いショートメール 不正送金1530万円を確認

琉球銀行は10日午前、同行を装ったSMS(ショートメール)を携帯電話に送りつけ、偽サイトに誘導してインターネットバンキングのIDやパスワードをだまし取る事案が発生していると発表した。同日正午までに個人客のIDとパスワードを使った不正送金が4件、総額1530万円の被害が確認された。 「2020年12月10日 沖縄タイムス記事より」 詳細は以下URLご覧ください。 https://www.okinaw

フィッシングサイトによるネット詐欺

「MUFGカード」や「三菱UFJニコス」を騙ったフィッシング詐欺が増加していると、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけています。偽のWebサイトへ誘導して以下の情報を入力させようとするものですのでご注意ください。 ・クレジットカード情報 ・個人情報(名前、生年月日、電話番号、メールアドレス、口座番号など) ・アカウント情報(ID、パスワード)など。 セキュリティ対策製品を導入していれば、こうした

インターネットバンキングに係る不正送金の国際的な被害防止対策

警察庁では、インターネットバンキングに係る不正送金事犯について各種対策を行っていますが、この度、新たにコンピュータウイルスに感染している端末に関する情報を入手しましたので、これを基に関係機関の協力を得て、インターネットバンキングの利用者等に対して注意喚起を行っています。 ウイルス対策ソフトの導入 ウイルス対策ソフトを最新の状態に更新 ウイルススキャンの実施 また、再度コンピュータウイルスに感染しな

沖縄県中頭郡北中城村字島袋480 TEL: 050-5810-5929 FAX: 020-4623-8485

Copyright 2014-2020 株式会社ハンジャ・ネットワークス. All Rights Reserved.

  • s-facebook
  • Twitter Metallic
  • s-linkedin